#出来るだけ安くコーディング外注したい!!

ランディングページのコーディング代行を最安値で発注したい。出来るだけ安く外注・アウトソーシングしたいとお考えの方にHTMLコーディング代行歴12年の我々、日本一コーディング制作所が安くて失敗しない外注先の見つけ方を品質や納期なども配慮しつついくつかの方法をご提案致します。

自社に最適な外注先に巡り合えていない、ウェブデザイン会社様、制作会社様、ウェブマーケティング会社様はぜひご参考ください。

HTMLコーディング代行のコスト構造

ランディングページを出来るだけ安く外注したい場合、外注するHTMLコーディング代行業者のコスト構造を理解することからスタートしたいと思います。コーディング代行におけるコストは、主に人件費と地代家賃の2大コストに占められています。
※結論からチェックしたい場合は、この記事の下にあるコンテンツでご確認頂けます!

【地代家賃】HTMLコーディング代行の企業のオフィス住所をチェック!

都内や大都市圏に事務所を構えているコーディング代行業の企業様であればその分がコーディング代行の費用に乗ってくるという感じになります。逆に地方都市の家賃賃料が安いエリアに拠点を持つHTMLコーディング代行の企業の場合、そのコストも当然安くなるためウェブサイトやランディングページのコーディング費用も安く提供出来ます。

※もちろんそう単純ではありませんが。ここではほかの要素を無視してシンプルにコスト構造という点で2大コストを中心に解説します。ちなみに弊社は、コーディング代行のメイン拠点は中国の田舎、ベトナムのホーチミン・ハノイ(どちらも家賃の安いエリア)にあるため他社に比べコスト的にも価格競争力も優位にあります。

フリーランスや個人事業主の場合、自宅ということも!?

最近ではクラウドソーシングサービスが盛んで、既に発注した経験があるという方も非常に多いのではないでしょうか。実際、クラウドワークスやランサーズと言った大手クラウドソーシングサービスでもランディングページのコーディング代行などのお仕事は非常に多いです。

そして、このようなクラウドソーシングサービスでは我々のような法人も御座いますが。大半は個人事業主または、副業として参加している個人が多くいらっしゃいます。このような個人の方が有り得ないぐらいの低価格で提案出来るのは、まず地代家賃が自宅であるために無いに等しいからです。

次に後述しますが。人件費についてそもそもコーディングスタッフの雇用がないため、自分自身の塩梅で激安のコーディング価格にしたりお得感を演出したコーディング費用にしたりと如何様にも提案出来るという点にあります。

【人件費】都内や大都市圏と地方では雲泥の差が!?

コーディング代行費用を形成する、2大コストのうち人件費についてですが。これは他の事業でもそうですが。都内や大都市圏は、当然ですが人件費は高いですしフロントエンドコーダーの人件費、賃金という点で言えば年々高騰しています。そして、良い人材の取り合いですから人気業種であればあるほど青天井で高騰します。

当然ですが。フロントエンドコーダーも優秀な経験者であれば引く手あまたですから、人件費は高くなります。一方で九州・沖縄などでよくニアショア開発などと呼ばれているように地方であれば人件費が大幅に縮小されます。そしてそれはコーディング費用に反映されるためランディングページのコーディングを安く済ませたいならば発注先の企業の拠点エリアは要チェックすべきですね。

最安値の最適なHTMLコーディング外注先とは!?

最安値だけでいえば、クラウドワークスやランサーズで相場より非常に安い格安?激安??なコーディング費用、有り得ない価格設定で募集を掛けて根気よく待つという方法もあります(笑)しかし、この方法で集まるフリーランサーは、、、。

最安値のランディングページコーディング費用はクラウドソーシング!?

実際にわたしも物は試しとばかりに、クラウドワークスもランサーズもその方法で試してみたのですが。結論から申し上げますと、、、1勝9敗ぐらいの戦績でした。この1勝というのは、本当にたまたま弊社の募集したプロジェクト(HTMLコーディング)に近い業種でお仕事を本業でされている方でプロジェクト自体に関心があり応募した際に報酬は気にせずということで応募されました。

この方は、ディレクションからコーディングもフロントエンドは一通り対応できるうえにデザインも少し出来てPHPも少々触れるという方でかなりスムーズに納品までのお仕事ができたように思います。

とはいえ、本業の後の空き時間でのお仕事ということで納期は自社スタッフでする4~5倍の時間が掛かりました。とはいえ、予想外に低コスト・高パフォーマンスでしたので助かりました。この方とはいまだにご連絡を取りますが。とはいえ、本業があるため自社の案件のみご依頼するような感じです。

クラウドワークス・ランサーズでコーディング依頼した結果は!?

その他のクラウドワーカーさんはと言うと、途中で連絡が無くなり音信不通が何と4名、、。どうなっているんだ、クラウドワークスにランサーズ!!正確にいうと、クオリティがまずくて少しだけ確認のメッセージをすると、、ごにょごにょと意思疎通がうまくとれない残念なメッセージの応酬となり、それから数回のやり取りののちに返信が遅れがちになりフェードアウトという結果です。。

残り5名については、明らかにプロフィールやポートフォリオの実績詐欺に近いレベルのお仕事で途中終了とさせて頂いた方。着手2日目にして、辞めたいという辞退のご連絡が入った方。明らかに納期に間に合わないでしょという進捗の方などなど。もう勘弁してくださいという結果でした。※もちろん、依頼の金額はHTMLコーディング価格・費用の相場よりかなり安く。とはいえ、クラウドワークス・ランサーズでは平均的??という依頼額です。

クラウドワークス・ランサーズで依頼した気づき

クラウドワークス・ランサーズで依頼して気付いたのが。評価が信用できない!!という致命的な事実です。このダメだった9名のうち2名はエキスパートだか、推奨だかクラウドソーシングサービス運営お薦めの方で評価も非常に良い内容が100件近くありました。が、、、やり取りしてみた感じとても信じられないぐらい常識に欠ける箇所もありました。

結論とまとめ

ここまでかなり回りくどくもありますが。極端な低価格は、なかなかのリスク(品質・クオリティ・納期などの時間的なものもなどなど)が潜んでいることをご理解いただけたかと思います。そして、今回の記事で結論とまとめとして最安値で尚且つ最適なコーディング外注方法としてお伝えしたかったのが。

高品質のベトナムオフショア開発です!
※自社の宣伝にもなりますが。依頼する立場として考えても自画自賛ですが。最適だと考えております。

ベトナムオフショア開発というと、ご経験がない方からするとイメージが付かない。もしくはベトナムのキーワードから粗悪な品質をイメージされるかもしれませんが。今や世界の開発リソースのかなりのシェアを掌握しているのが、ベトナムの開発人材であり彼らが持つナレッジなのです。

まず理系大学など学生を含めたITの教育環境や、政府が非常にIT人材の育成と彼らが学習し高いスキルを持つことを奨励しておりこの非常に強力なバックアップもありアメリカ、ヨーロッパ各国、そして日本企業も含めてベトナム人の開発者を育成しこれからますます開発者の人材とリソース不足という大きな問題と課題を先手を打って解決しようとしているのです。

弊社のランディングページのHTMLコーディング費用

脱線しましたが。弊社のランディングページのコーディング費用を知って頂ければその安さも理解頂けるかと思います。その価格は、、、

5,000円~です!!

またこんな安さを売りにした宣伝をしていると、うちのマネージャーが知れば社長何やってんの!?と怒られそうですが。良いんです。まずはベトナムオフショア開発のメリット、そうです最大のメリットである”コスパ”を皆さんに体感頂いてそこからまたお取引が拡大すれば良いんです。

実際に弊社のお取引先さまとの最初のお仕事は、1万円未満からスタートした、、何てケースもありますし。現在、毎月100サイトを超える件数を長年ご依頼頂いているお取引さまも最初は数万円のコーディング費用でお仕事を頂きました。

まずは我々、日本一コーディング制作所のお仕事を知って頂く。そして、少しでも気に入って頂きまたお仕事依頼したいと思って頂けることが大事なのです。

ランディングページのコーディング費用が安い理由

綺麗事ばかり書き連ねるのもあれですので、ベトナムオフショア開発とはいえなぜこんなに低価格で格安・激安のコーディング費用で仕事を受託できるのか?気になるという方がいらっしゃるかもしれませんので理由をご紹介し終わりとしたいと思います。

無駄なコストを徹底して排除

「販売促進費」と「広告宣伝費」、家賃賃料、人件費と一般的な企業様が支出しているようなコストというコストを徹底してカットもしくは抑えております。

業務効率化による工数最適化

我々は、出来るだけコーディングにおける工数を最適化させるための創意工夫と常に改善を繰り返して今日に至ります。効率化は結果として工数、コストそしてご提供するコーディング費用にも結果として反映されます。

コーディングスタッフの稼働率を最適化・最大化

またコーディングスタッフの稼働率を最適化・最大化というと、なんだか機械的でブラック企業が使いそうなキーワードにも見えますが。スタッフ自身の能力・スキルに見合った稼働率を設定し常に意識して仕事に取り組む、取り組ませることで高いパフォーマンスを発揮できコーディング費用もお安くご提供ができます。

あとは、ベトナムオフショア開発ということで日本国内のスタッフのみで展開する企業様に比べ圧倒的に家賃も人件費も安く提供できるというのもあります。それからベトナムというフロントエンドコーダーを含め開発者が育つ環境と常に新しい新卒の開発者が次から次に人材市場に流通しているというのも我々が価格競争力を保てる大きな理由の1つでもあります。

弊社ではベトナムオフショア開発のラボ型のお取引も勿論行っております!

弊社では、HTMLコーディング代行以外にベトナムオフショア開発のラボ型契約も行っております。ラボ型契約というのは、現地のベトナム人コーダーを御社専属で雇用し弊社にて管理・教育を行うというものです。

費用や詳細について、ご興味がある方はメールフォームもしくはこちらのメールアドレス(info@e-html.us)までお問い合わせください!