HTMLコーディング代行をはじめて早いもので2008年の創業から約10年弱の月日が経ちました。はじめはコーディング代行や外注業務というよりも中小企業のクライアント様のホームページを作ることからスタートしましたが。

お客様に更に高いコストパフォーマンスとスピード感を求め中国でのコーディングチームを作ろうと現地法人を設立したことが”日本一コーディング制作所”の始まりです。

強みは?

コーディングの外注やパートナーシップについてお問合せを頂くなかで御社の強みは?って聞かれることが多いのでいくつかご紹介したいと思います。

コストパフォーマンス

コスパっていうと激安とか最安値とかって捉えられ方をして言い値で何でもやりますよって思われることがありますが。そちらの意味合いでは御座いませんのでご容赦ください^^ただ日本でも最安値に近いのではないでしょうか?

コストパフォーマンスと言うのはあくまでも適正価格や納品スピード、仕事のボリュームなどなどの要素からみてコスパが良いってことです。

我々はかなり納期が早いことなどがありますが。それを理由に特別に料金などを頂くこともありません。また毎月毎月のある程度決まったフレームワークのコーディング業務があるお客様には内容によってはベトナム・インド・バングラデシュなどのオフショア開発をご提案もさせて頂いております。

オフショア開発といっても完全にお客様に丸投げというよりも、こちらでコーダー採用、仕事のレクチャー、作業のフレームワーク構築などもバックアップさせて頂くフルオーダーメイド型も御座いますので色んな意味での負担が軽くスタートさせることが出来ます。

柔軟性

かなり漠然とした強みですが。かなり大事なポイントでもあります。弊社のHTMLコーディング代行事業のお客様のほとんどがスポットというよりも毎月毎月お仕事をご提供頂く長いお付き合いの企業さまが多いため、様々な課題やお悩みについてお聞きする機会があるのですが。

HTMLコーディング代行サービスに外注することに不安を抱えていた理由が今までのお仕事のフローのように円滑に仕事を進めることが出来るのか?外注することによってまた違った業務負担が掛かるのでは?

と言った点をよくお聞きします。確かにコーディング業務は同じコードでのコーディングでもクライアント様ごとに作業の流れが違うためコーディング代行の会社によっては厳密なルールを用意しておりそれに則ってオーダーするという仕組みです。

確かにコーディング代行会社としては自社のルールに則ってオーダーしてもらえるのが一番手間も工数も増えずに楽ではあります。しかし楽になる分の負担はオーダーするお客様が負担するわけです。HTMLコーディング代行で社内の製作チームの負担を軽減するのが目的だったのが逆に負担が増える結果になればそれは元も子もありません。

そういった点から我々は出来るだけ柔軟にお客様のご要望をお聞きし1つ1つのお仕事に取り組んでおります。※もちろん全て対応します。出来ますよという訳では御座いませんのでご注意ください。

特徴

日本一コーディング制作所の特徴は強みとリンクしている点が多いのですが。
2017年より力を入れているのが。スマートフォンサイト対応についてです。

シンプルで明朗会計な料金体系

弊社では基本料金やディレクション費用などは頂きません。ページ単価のみです。そしてWordpress、HTML5、CSS3などでも特別な料金などは頂きません。

流し込みページ:500円~

工数と1ページ当たりのボリュームにもよりますが。テキスト流し込みのみのようなページであれば1ページ500円から対応させて頂きます。ごくまれに、1ページに凄いボリュームのあるページで500円でお願いします・・とご連絡頂く場合がありますが。あくまでも工数によっては500円ではお受けできませんのでご容赦下さい。

PCサイト・スマホサイト(どちらかのみ):5000円~

トップページ、サブページ、お問合せなどページ種別に関わらず5000円からでお請け致します。もちろん、Wordpressでも料金は変わりません。
※10ページ以上のオーダーからWordpress料金は無料です。

レスポンシブコーディング費用:8000円~

今や当たり前になりつつあるスマホサイト対応ですが。レスポンシブデザインでカバーされるお客様も大変増えておりご依頼も急増しております。そこで弊社ではレスポンシブ対応について特別なオプション料金や高額な費用は頂かず出来るだけ沢山の企業さまにご利用頂くためにこの価格設定にさせて頂きました。

その他

HTMLコーディング代行だけではなく、先ほどご紹介させて頂きました海外のオフショア開発。特にベトナムオフショア開発は既に10年近い経験とナレッジをもっております。

またそれ以外にもアプリ開発、PHP(メインはLaravelです。)など幅広く対応しております。

ダイナミックプライシングとボリュームディスカウント

HTMLコーディング代行事業においては、コーダーが出来るだけコードを書くことに専念できる環境を作ることが良いコーダーの育成と良いチームの組成につながります。そしてビジネス面でも常にコーダーが稼働している状況が理想なんですが。時期によってはどうしても案件数に変動があります。

これらを考慮してゲリラ的にダイナミックプライシングの要素を取り入れて、コーダーの手が空いている時にはお値段をお安く…いえいつも以上にお値段以上のコスパで対応させて頂きます。

ボリュームディスカウントについて

10ページを超える案件については8%引き、30ページを超える案件については10%引き。50ページを超える案件については15%引き致します!!
もちろん、大規模なプロジェクトであればその都度ご相談の上で調整させて頂きます。

後払い・売掛対応可能です!

日本一コーディング制作所では最大1000万円まで後払い・売掛対応が可能です。もちろん初回の利用からお受付いたします。ご利用の際には、与信のためのお手続きが必要となりますので都度ご相談下さい。